容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

カキの摘花をする。

  1. 2013/06/30(日) 07:34:26|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
6月14日(金)。
午前中は道の駅十文字やJA、
パンクしたタイヤ交換とあっちこっちへ。

なんとかそれを済ませ、午後から果樹試験場へ。
防鳥ネットについてアドバイスをもらいに。

横手・山内の畑ともブルーベリーを植えて2年。
樹もまずまずの成長具合なので
3年目を迎える来年は、初めて実をつけてみようかと。

そうなると考えなければならないのが、どうやって鳥の被害を防ぐか。

人間が食べて美味しいブルーベリー、
鳥が見逃すはずがない。

実際、増田のKさんのブルーベリー畑でお手伝いした時は
絶え間なくムクドリやヒヨドリ、カラスにスズメなどが
隙あらばつまんでやろうと上空を旋回したり、
電線に止まって模様眺めをしているものだった。

ブルーベリーの防鳥として一般的なのは防鳥ネットの設置。
単管パイプで骨組みし、畑全体を網目3センチほどのネットで覆う。
イメージ的には蚊帳を畑にかける感じ。

ただ豪雪地帯のここでは単管の支柱を立てても
斜めになったり倒されたり、
下手をするとぐんにゃり曲げられたりするのは確実。
そうなると除雪も考えなければならない。

また畑全体に網をかけるのは作業的に大変で人手もかかり
何よりコスト面でもバカにならないのだ。

安く、手間なく、丈夫で長持ち。

そんな都合のいい方法はないかアドバイスをいただきたくて試験場を訪ねた。

何件か勧められた中で注目したのが(独)農業食品産業技術総合研究機構
鳥獣害管理プロジェクトが作成した「防鳥網の簡易設置マニュアル」

直管パイプと弾性ポール、マイカ線を使って畝ごとに防鳥網を設置する方法。

資材が手に入りやすく、しかも安価。
畝ごとに設置作業をするので一気に全体に網をかけるのと違い
ラクだし人手もかからない。
何よりこれだと雪害の心配はほぼないのでは。

詳しくは農研機構さんに直接聞くことに。

その足で横手の畑へ。
カキの花がほぼ満開で早く摘花を進めたいのだ。

今年はどの果樹も花の付きがいい。
ちょうど開花期に雨が降らず温度も高めだったのが良かったのかもしれない。

うちのカキもここ何年で最高の着花量。
枝1本に5〜8個も花が着いている。たくさん着いてます。

植物にとって花を咲かせ、実を結ぶのは一大イベント。
そのために膨大な力を使うので、なるべく負担を軽減し、
1個の実にその限られたエネルギーを注ぐため、花・実を摘む。

それが摘花・摘果とよばれる作業だ。

花の位置や大きさ、変形具合などを観察して取捨選択。
1本の枝に1個の花を残していく。一枝一果

実を落していくと、樹が
「あー、軽くなったぁ」と言ってるのが聞こえるような(笑)

とにかく今年の着火量がハンパでないので結構大変。
夕方までに摘花を終えることはできず後ろ髪を引かれる思いで帰宅。

夕食後、子どもたちと市内の神社の宵祭りへ。

果樹試験場からの帰り道、
神社の参道に夜店を準備してるのが目に入ったので。

せまい参道の両側に夜店が立ち並び、
そこに子どもや大人が詰めかけていて、結構なにぎわい!宵祭り。



秋田市でふらふらする。

  1. 2013/06/25(火) 04:32:07|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
6月13日(木)。
高速バスで秋田市へ向かう。

JA全農あきたさんで新たなジュースを出すに当たり、
それを企画・検討するメンバーになった。
で、最初の打ち合わせをすることに。

秋田へ向かう車中で加工所の精算や
読めてなかった資料や本にチェックを入れる。
何かをしてる間に目的地に移動してるなんて便利だなぁ。

打ち合わせは県庁のロビー室。
早めに着いたので地下の売店へ。
なぜかアメリカンチェリーが量り売りされてたのでゲット。アメチェ、ゲット。

関係者3名で内容や今後の予定などを確認し、打ち合わせは終了。
せっかく県庁まで出張ってきたので、
果樹栽培のことなどを聞きに部署に足を運ぶ。

それも11時前には済んだので、県庁を出て
ブラブラ歩きながら千秋公園方向に向う。

今日も陽射しがスルドい。
なるべく日陰を選びつつ歩を進め、
途中のベンチでさっきのアメリカンチェリーで休憩しつつ、ブラブラ。

改めて秋田市内を歩いてみると、ここが城下町だったことを感じる。

区画ごとに商売や職人さんが集まった地区があり、
それに伴い町の雰囲気も微妙に違ってるように感じる。

かなりゆっくり歩き、40分ほどで千秋公園のお堀に付く。
このそばにある「いちごの樹」さんでかき氷&ランチを目論んでいたが、
なんと、そのビルは解体中。
慌ててサイトを調べたら雄和に移転したとのこと。

気落ちしつつも、腹はちゃんと昼を意識してグーグー言ってるので
とにかく昼メシをどこかで食わねば。

なんとなくナカイチ方面に向かった眼前にのぼりがはためいている。
そこには「岩ガキ」の文字が・・・。

すーっとお店に吸い込まれていった。

岩ガキを注文し、まずは駆けつけ1杯。黒を1杯。

強い陽ざしに焼かれ、カラカラに渇いた喉に
キンキンに冷えた黒ビールのジョッキを流し込む。

冴えた苦みと、ねっとりとした泡の喉越し。
タマリマセン!!

お代わりのジョッキを2口ほど飲んだところに岩ガキ登場。男鹿産岩ガキ

圧巻です。

1個目はレモンをかけずにつるり、と。

海です。
海が来ました。

口、喉、胃袋と岩ガキが通過した所に海がやって来て、
そこから潮の香りが身体全体へと拡がって行きます。

そこへ黒ビールをグビリ。

思わず、平手でオデコを叩いてました(笑)

黒ビールをもう一杯追加し、刺身定食を平らげ、
海辺のゴムボートのようにパンパンになって外へ。

水辺が恋しいのか、足はなんとなくお堀へと向かい
酔い覚ましのババヘラアイスを所望。大盛りです。

ハスの花にはまだ早いらしく、
お堀の水面には紫色のスイレンの花が咲いている。

この間観た映画
「遠くでずっとそばにいる」
の美しいシーンを思い出す。

ふと思いついたことがあり、
そそくさとアイスを食べ終え、公園内へ。
そのまま平野政吉美術館へ向かう。モダンな建物

ここに所蔵されている藤田嗣治の大作「秋田の行事」
6月いっぱいで展示を終え、ナカイチにできた新美術館に移される。
引越しする前に、この美術館で観てみたかったのだ。

観てきました。

圧巻です。

まだ、間に合います。
ぜひ、足を運んでみて下さい!!

毒だんごを作る。

  1. 2013/06/21(金) 05:52:43|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
6月12日(水)。
昨日心待ちにしていた品物が宅急便で届いた。
農薬だ.

昨夏、コガネムシが大発生し、大きな被害を受けた。
特に山内の畑では、まるまる一本葉っぱが食べ尽くされた樹もあった。

昨年、被害が出ていろいろ調べた事柄、
その時点ではもう対策を打つには遅い事柄もあった。
そこで今年は春から準備を進めてきた。

まずは幼虫対策。
「ダイアジノン粒剤」を株元の土中に撒いておいた。

そして夏が近づいてきたので成虫対策をスタートさせることに。
成虫は誘引物質を利用して誘殺するトラップを使う。
コガネムシが好む匂いを出すものに農薬を混ぜて退治するのだ。
(くわしくはこちら。PDFファイルです。)

朝めし前に、その誘引物質を入れてコガネムシを誘い込む家を作る。
材料は紙パック。コガネムシのおうち
牛乳でもジュースでもなんでもいい。
これに青いビニールテープを巻き、入り口を付ける。

なぜ青い家にするかと言うと、青はコガネムシが好む色だから。
入り口には雨よけの庇と、入り口の止まり台になる部分を残した。青いおうち♪

ここまでやって用事や買い物があってお出かけ。
駅前横手イースト内の「アトリエ・アッサンブレ」さんに氷ののぼりが。
さっそく今年初のかき氷を注文。抹茶あずき

連日夏のような暑さだが、かき氷には打ってつけ。
自家製シロップがあまりにおいしいのでお代わり!
今度は昔懐かしい赤しそシロップ。赤しそシロップ

さっぱりしてたまんないなぁ。

家に帰ってきてからコガネムシ用毒だんご作り。
材料はこんな感じ。毒だんごの材料

日本酒、砂糖、米酢、きな粉。
それに届いた「ディプテレックス粉剤」。
買ってきたきな粉が180g入りだったので、
他の材料の分量もそれに合わせて計算。

あとはよーく練る。
もちろん手袋をお忘れなく!

完成品はこんな感じ。毒だんご完成。

きな粉の香りが香ばしい。
一見薄皮まんじゅう風で食欲をそそられる。
間違って年寄りや子どもが食べたらエラいことになるので、
見えないトコにしまっておく。

再度用事を済ませに出かけ、
帰宅して作業服に着替えて山内の畑にGO!

畑にイボ竹を立て、ビニールひもでコガネハウスを固定。
中にそっと毒だんごを転がす。毒だんご設置。

とりあえず2畝に1個ずつ設置。

さーて、効果はどんなでしょうか?コガネハウス設置状況。

横手にマルチを追加する。

  1. 2013/06/16(日) 22:13:37|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
6月10日(月)。
山内の妻の実家に向かう。

軽トラを借り、そのまま来た道を取って返し、森林組合へ。
杉皮を軽トラに積み込み、横手の畑へ向かう。

山内の畑の株周りはある程度メドがついたので
今度は横手の畑へマルチを追加する。杉皮到着。

なにしろ連日の夏日、強い日差しの下での作業はキツいが、
お昼過ぎまでに境界線部に厚めに敷けた。厚めに敷けました。

作業を終え、遅めの昼食。
今日は木陰で弁当をつかうことに。わっぱ飯。

この弁当箱、昨日大曲のmiNcaさんで購入。

ネズコと呼ばれる黒檜を使ったもので、
福島県桧枝岐村のおじいさんの手作り。

秋田の曲げわっぱは杉材造りで柾目が美しい工芸品だが、
この無骨な、人間臭い感じも味わいがあって気にいってしまった。

アリモノを詰めた弁当も器がいいと矢鱈とウマく感じるものだ。

昼食後、畑を観察しながら見回る。
ブラックベリーの花が大きく開花した。ブラックベリーの花。

同じバラ科の植物だけに、どこかハマナスの花にも似てる。
ただ色が純白なので、こっちの方がより清楚で可憐な印象かも。

軽トラを返しに山内へ戻る。
家に入るとお義母さんがてんてこ舞いしてる。

スーパー「オセン」に行ったらキンキン(きんき)が激安で、
ついつい買ってしまったんだと。キンキンキンキンキンキン・・・
トロ箱に掌サイズのキンキンが70匹入って500円ナリ。
目は澄み切っていて新鮮そのもの。
これは安いわぁ(笑)

いつも世話になってるし、ここは一つお手伝い。
半分ほどを腹開きにしてワタをきれいに掃除。
塩水に漬けた後、風通しのいい所で干す。一夜干し

魚の鮮度が抜群だから、これはゼッタイウマいはず。
干物の方が冷凍して日持ちするし。

久々に大量の魚をさばいて楽しませてもらった後は灌水へ。
今年植えた50本ほどの苗木に水をやった。

畑近くの栗の木、花が着き始めた。栗の花芽

連日まったく雨が降らず、梅雨入りの気配さえないが、
自然はちゃんと季節が進んで行ってるのが感じられます。

午後から別荘に行く。

  1. 2013/06/12(水) 20:23:49|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
6月9日(日)。
朝4時に起きて山内の畑へ灌水に。
連日の晴れで空気は乾燥しきっているはずだが、
川沿いである畑周辺は朝露でしっとり濡れている。

一本一本に水やりしながら観察。
けっこう毛虫が増えてきた。毛虫はどこでしょう?

しかも、かなりデカい。デカッ!
見つけ次第、捕殺していく。

山内では春の花が終わりに近づいている。
これはヤマボウシ。ヤマボウシの花
秋には変わった形の実を付ける。

ガザ花(タニウツギ)も終盤。タニウツギも終わり。

こちらはニセアカシア。ニセアカシア
木全体に花がつき、むせかえるほどに甘い香りを放っている。

可愛らしいムラサキツメクサの花は咲き始め。ムラサキツメクサ
子どもの頃、この花の蜜を吸ったっけなぁ。

山内の灌水を終え、そのまま横手の畑へ。

気温も上がり、蓬莱柿(イチジク)の葉も出揃ってきた。蓬莱柿

一方、もう一つのイチジク、バナーヌ。
どうも枝は冬越しできなかったようだ。
もうダメかな?と思ってたら、根元から新梢が出てきた。バナーヌ

このイチジクは挿し木苗なので、根元から出たのも同じ品種だと思う。
なんとかこれを生かしてちゃんとした枝に仕上げたいものだ。

カキは順調に蕾が育っている。カキのつぼみ
今年は蕾の数も多いので摘蕾・花が大変そうだが、
収穫は期待できそう。

ブラックベリーも順調に次々と開花中。ブラックベリー開花中。

自宅に戻り、急いで朝食を済ませ、道の駅十文字へ。
今日は9時半から加工所の下水回り掃除当番。
ひがなるの仲間も加わり、1時間ほどで終了。

予定より掃除が早く終わったし、
せっかく天気もいいので東成瀬村のヒュッテに行ってみることに。
もう一度自宅に戻り、子どもたちを乗せて再出発。

午後からはのんびりと、池の周りを散策したり、大柳沼にて。

久々にルアーロッドを出して釣りをしてみたり、

イモリすくいをしたり、イモリがうじゃうじゃ。

ワラビ採りをしたりして遊んだ。

なんか、久々にゆったりとした時間を過ごせ、
清々した気分。

DTIブログって?

次のページ