容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

パッションフルーツが・・・。

  1. 2011/09/08(木) 21:23:38|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
9月6日(火)。
各地に甚大な被害をもたらした台風12号、
横手市では9月3日(土)の午前中にかなり強い風が吹いた。
ウチの近所のリンゴ畑でも、風で落果する前に
早生のリンゴの収穫を急ぐ姿が見られた。

ウチの畑も被害が出た。
順調に生長し、楽しみにしていたフィサリス(食用ホオズキ)、台風には勝てまへん。
かなり枝が折れてしまった。


まぁ、想定以上に風に弱いことが分かったので、
来年以降の課題としよう!

今日も井戸掘りを続ける。
約6メートル位まで掘り進んだが、
やはりまだ水量が少ないような・・・。
相変わらず粘土の層が続き、有望な水脈には当たらない。

掘り進めながら、ふと目をパッションフルーツの棚に目をやると、
一個だけ、熟したイチジクのような
紫色っぽくなっている実があることに気がついた。

手を休めてその実の所に行き、
実にさわってみると、ポロッと取れてしまった。パッションフルーツの外観

取れてしまったので、しょうがなくハサミで割ってみる。その中身!

「おー!パッションフルーツになってる!!」


香りも、まさにパッションフルーツ。
で、はさみですくって食べてみる。

うーん、酸っぱい!
あのパッションフルーツの、
ねっとりとした甘味には程遠い。

今年は9月の残暑が予報されているが、
どれだけ熟して糖度を上げれるか、
ちょっと心配でもあります。

水は出るのか?

  1. 2011/09/08(木) 21:02:43|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
9月2日(金)。
8月30日に井戸を掘り始めて3日目。
朝仕事を始める前、穴をのぞくと
水がたまっている。水がたまってます。

掘った深さは3メートルを越えた。
水は確かに出ているし、
水温が低いことから
確実に地下水脈には到達しているのだが、
どうも水量が少ないように感じる。

井戸掘りを始めて、
何回か泥(粘土)と水を汲み上げると、
水位がすぐに下がってしまうのだ。水がすぐ無くなってしまう・・・

スコップで掘り始めた時は普通の土だったのが、
その下は黄色い粘土(固め)となり、
その下は白っぽい粘土(とてもキメが細かくて、かなり固い)
その下は白い中に青みがかった粘土(水分を多く含む)となり、
その下は黄土色のすごい粘度の粘土、
その下は礫を含んだ赤っぽい粘土、
さらにその下は再び白い粘土(ドロドロ)となってきた。

もう少し水量の多い水脈に当たる事を願いつつ、
掘り続けてみることにした。

キレイな、冷たい、いい水がたっぷり出ますように!!


汗、汗、汗!!

  1. 2011/09/06(火) 09:42:03|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
8月30日(火)。
畑のソルガムは26日には刈り終わった。
とにかく草丈が高いので、けっこう刈るのは大変だった。

しかも風通しが悪いので、全身汗まみれに。
そこにヤブ蚊が来てブスブス刺していくので、
暑いんだか、ヤバッチいんだか、痒いんだか

刈りたては青い分、水分があって重かろうと思い、
数日放置してから運ぶ事に。

フォーク(食事で使うフォークのお化けみたいの)で草をかき集め、
一輪車に積み込み、畑の横に運ぶ。ソルガム山。

暑い!暑い!!
またしても、全身は汗まみれに。

昼休みを返上してがんばったおかげで、
3時前には運び終わった。
刈り終わり。

ソルガムが生えてた時はずいぶん狭く感じた畑も、
こうしてなんにもなくなると、
ずいぶんと広く感じるもんだ。

3時に冷たいコーラを飲んで、さっぱりしてから、
次は井戸掘りに取りかかる。

この夏は雨が少なかった。
ウチの畑の横には細い水路が流れていて、
一応、水汲みはできる。

だが、今年はほぼ毎日畑に水やりをしていたが、
この水路では水量が少なくて、あまりに心もとないのと、
ここから水をくみ上げて、運ぶのが大変だったのだ。

また原発の事故があってから、
汚染されていない水の確保が必要では?
と思っていたので、
暑さのピークが過ぎた今、
井戸に取りかかることにしたのだ。

井戸掘りに関しては、いろいろと調べておいた。
で、「打ち抜き井戸」ってやつでいってみることに。

(井戸掘りに関してはココを参考にしてます。)

まず、50cm×50cmの穴を掘っていく。
1mくらい掘ったところで、シャベルでは掘り出せなくなった。
そこでバケツで2杯ほど水を投入し、
ここからは自作の井戸掘り器で掘っていく。井戸堀り器です。

ガッパガッポと掘っていくのだが、
コツがつかめないのと、粘土が固く締まっているのとで
なかなか先へは進めない。
1時間くらいでこんなもん。今日、掘った穴。

どうか、きれいで冷たい、いい水が出ますように!

夏休みが終わった。

  1. 2011/09/04(日) 07:13:02|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
8月25日(木)、
今日から小学校がスタート。

一か月にわたる、長い夏休みが終わった。
正直、ホッとした、というのがホンネかなぁ

2年生の下の娘は、毎日元気に学童へ。
プールにも毎日行っていたおかげで
ずいぶん日焼けした。

ちょっと難儀したのは、小5の上の兄ちゃん。
とにかく、「勉強がいや!」なのだ

何もしないで放置しておくと、なにもやらない。
そこでこの夏は、こっちも腹をくくって
息子の宿題に付き合うことにした。

朝ごはんを食べ、片づけを終えると
すぐに宿題にとりかかる。

そうそう、今までウチには
「学習机」というものがなかった。
今回、嫁さんとも話し合い、
子ども部屋に学習机を導入。

「机に向かう」習慣をつけてもらうために机を買ったわけだが、
ウチの場合はわりとうまくいったみたい

それでも、喜んで勉強はしないので、
机のそばにいたり、
「わからない所があったらいつでも声をかけてね」
と、声がけして、となりの台所で作業。

やる気のあまりない息子を
なだめすかして宿題を終えるのは、大体お昼前後。

イライラしたり、怒ってキレそうになることも。
それを抑えて、ちょっとした良い所をほめて、おだてて
勉強を進めていく。

これがけっこう消耗する。
一日の半分がこれで消える。

午後からは用事や買い物を済ませ、
それから、ほんの短い時間畑へ行く。

正直、「いい年した男がこんなことしてていいんかい?!」
とも思った。
気分的にもかなり落ち込んだ。

でも、こんなふうに息子に付き合えるのも、
今のこの時期、この状況でしかないかもしれないし、
と自分に言い聞かせて一夏を過ごした。

さて、話は最初にもどり、
今日からあらためて畑に向かう。

まずやるのはソルガム刈り。
春に蒔いたソルガムが背丈を越えるほどに育ち、
そろそろ出穂してきたので刈り時なのだ。
ソルガム、のびました。

これを全部刈り取り、畑から運び出す。
さっそく朝から取り掛かり、半分くらいは刈れた。
久々に汗まみれに(笑)

ま、再スタート、ってとこですか。

DTIブログって?

前のページ