容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

食用ホオズキの見学に行く。

  1. 2012/09/06(木) 07:49:47|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
9月2日(日)、
朝イチに横手の畑での水やり終え、
上小阿仁村へ向かう。

私の参加している「野菜ソムリエコミュニティあきた」による
食用ホオズキ(フィサリス)の産地見学会が開催されるのだ。

横手から上小阿仁村へは国道105号線で
旧角館町、旧西木村(以上現仙北市)、旧阿仁町(現北秋田市)経由。
約3時間の道のりだ。

山間の爽やかな風の下、
お気に入りの曲を口ずさみながらのんびり向かった。

集合時間の30分ほど前に道の駅かみこあにへ到着。
道の駅の売店をのぞくと「こはぜおにぎり」を発見。

こはぜはナツハゼとも言い、
ブルーベリーに近い仲間のフルーツ。

おにぎりにフルーツ?とも思うが、
酸味と渋みがあるので塩味のおにぎりは
梅干しおにぎりにそっくりの味。こはぜおにぎり

ちょうどおにぎりを食べ終えた頃、メンバーが集合。
さっそく食用ほおずきの圃場へ向かう。

圃場に到着。
広さは1反弱といったところか。食用ほおずき圃場

すぐに目を引かれたのが樹の仕立て方。
1本の樹を4本に仕立てている。
並んでます。

食用ほおずきは野菜だが、
作り方を見るとちょうどブドウのX字仕立てのよう。
4本仕立て

圃場のご主人に聞くとこれは米ナスの仕立て方と同じなんだそう。

上小阿仁村は昔から米ナスの産地であり、
その技術を食用ほおずきに活用しているとのこと。

食用ほおずきは同じナス科の植物。
元々あった技術をうまく活用して新たな産物を生み出す、
その手法はとても参考になった。

ご主人が何個か実を獲ってくれた。大きな実!

その実の大きいこと!
香りの良いこと!!

私が去年収穫した実の直径で1,5倍、重さだと倍以上あるのでは。

百聞は一見に如かず。

実際にこの目で栽培方法や管理を見ることができ、
本当に勉強になりました!

さっそく自分の畑に持ち帰ろう!

<<  秋に向けて準備する。  |  ホーム  |  いろいろな刺激を受ける。  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akitayklabo.dtiblog.com/tb.php/217-26501676

DTIブログって?