容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

佃煮、のちパッションフルーツ、とどめは泥鰌。

  1. 2013/07/16(火) 17:38:40|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
7月9日(火)。
雨の中、潟上市に向かう。

潟上市で佃煮業を営む(株)千田佐市商店さんを訪問しに。

以前テレビで潟上市の佃煮屋さんが紹介されていて、
その小魚を煮る手法がとても興味深かった。
グラグラと沸騰するタレの中で小魚は水分が抜かれ、
表面はカラッと、中はしっとりと煮上げる。

これって、カラメリゼじゃないか?
果物の加工にも応用できるんじゃない?って感じた。

その発想と佃煮屋さんを見学したいという思いは温めてきたが、
先日とある会議で同席した方にこの話をしたら、
「じゃぁ、佃煮屋さんを紹介してあげる」ということになったのだ。

午前9時半に潟上市着。
約束の10時まで少し時間があるので八郎潟を見に行く。

久々に見る潟の風景。雨の八郎潟
広々感が日本離れしてて、いいなぁ。

10時にお店を訪問。
ご挨拶した後、さっそく工場を見せていただく。炊き上げ作業

大きな釜がずらっと並んでいる景色は圧巻。
そこで強力な火力を使って炊き上げるので、
真夏の作業場は気温が50度近くなるとか。
なかなか肉低的にもハードな仕事だ。

その一方で製品に異物や他の魚が混入するのを防ぐために
人の手と目を使っての仕分け作業もある。異物を除く
こちらは本当に繊細で根気の要る作業。

実際に作業を見せていただいたおかげで
普段何気なく口にしている佃煮にも
不断の努力と改善があることを知ることができました。

何より、とても種類が多くて奥が深〜い
「佃煮ワールド」を知れたのが一番でした!

店頭に並んでるだけでこんなに種類があるんです!佃煮、佃煮、佃煮!

お昼前にお店を辞去し、地元の食堂で食事。万松でカレーちゃんぽん!

これまた地元のスーパーでソラマメやジュンサイ、
ムキフグなどを購入し家路へ向かう。

自宅着後、すぐに作業着に着替えて畑へ。

畝を立てておいた所にパッションフルーツの苗を植える。パッション定植

今年は棚を斜めに設置してみる。
その理由は秋ごろに。

鉢植えの方は着果していた。パッション着果!
このままうまく完熟に持っていければOK。

冬越しがうまくいかず芽が出なかったポポー。
切り戻ししたら、うまいこと新芽が出てきた!ポポー復活!

1年無駄にした気もするが、
まぁ仕切り直しといういことで。

5時過ぎ仕事を切り上げ帰宅。

今日のメインディッシュはコレ。ごにょごにょ。
国産どじょう。

ザルで水を切ったどじょうは
日本酒を張った鍋に放り込み、即、フタ!
しばらく暴れているが、直に酔っぱらって静かになる。

それから笹がきにした新ゴボウをいれて煮る。
ゴボウが軟らかくなったら醤油と味醂で味を調え、
とき卵でとじる。

お好みで七味唐辛子をパッパっと。

栄養満点、ビールにもよく合う一品です!



DTIブログって?