容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

畑に炭を撒く。

  1. 2013/03/13(水) 19:31:33|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
3月12日(火)。
朝は冷え込んだが素晴らしい天気となった。
なんでも今日は最高気温10℃を超えるらしい。
この貴重な太陽を逃す手はない!
朝イチで山内へと向かい、軽トラを借りて畑へ向かう。

近くの駐車場から畑へ向かうのだが
積み上げられた雪、高さ4mはありそう。雪壁

まずは登り口を付けておき、
そこから荷物を担ぎ上げる。
あとは準備したソリに荷物を括りつけて出発!ソリで楽チン。
雪面には真新しい動物の足跡が。
キツネだろうか?

今日は融雪のためにモミガラ燻炭を撒くのだが、
ちょっと試してみたい道具を持ってきた。
それがコレ。効率アップなるか?

これは手動の肥料を撒く器械。
上のタンクの部分に顆粒状の肥料を入れ、
ハンドルを回すと下に付いた歯車状の部分が回転し
肥料を周囲にまき散らすという仕組み。
さっそくモミガラ燻炭を入れて試してみる。

ダメでした・・・。
モミ炭では重さが足りないらしく、
うまく下に落ちていかないし、出てきても飛ばない。
さらにこのハンドルを回すっていうのが結構大変。
早々にあきらめて今まで通り柄杓で撒いて行く。

作業はサクサクッと進み30分ほどで終了!炭撒き終了!
かなり薄く撒いたように見えるが、その効果はテキメン!
炭を撒いた所と撒いてないところでは
ほんの10分ほどでこんなに差が。炭、侮ることなかれ。
撒いた所の雪がどんどん融けて炭が沈んでいく。

今日は1日晴天の予報なので
この調子で雪解けが進んでほしいものだ。

汗をかいた体に川面を渡る風が涼しくて気持ちいい。青空の下、春の川。

風が気持ちいいなんて、ずいぶん久しぶりに思ったなぁ。

今年初、山内の畑に行く。

  1. 2013/03/12(火) 21:43:11|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
3月9日(土)、天気は上々。
午後から時間ができたので気になっていた山内の畑へ。
12月に冬囲いをしてから初めてだ。

妻の実家に顔を出すとお義父さんが裏の除雪をしてた。雪の壁。
除雪機で一冬飛ばした雪が山になってる。

畑に向かう道はすっかり雪の下。
それでも川を渡る橋は雪がとけて渡れる状態。畑への橋

カンジキを履いて着いた畑。
少しは杭の頭くらいは出てるかと思ったが
そこは一面の雪原。
なんにもない・・・ただ、まっ白です。

いったいどれくらいの積雪なのか?
それを知るためには掘るしかない。
で、掘ってみました。

結果がこれ。深いです。

地表までの深さ2m超え。
穴の中に立つと、私の身長を優に超えてる。

この2mの雪の下でブルーベリーの樹は無事なんだろうか?
春になるのが楽しみなような、怖いような。

気温の上昇に伴い雪解けが進み、
川は増水してきた。雪解けで増水。

あとひと月もするとこの川岸に
フキノトウの緑が映えるようになるんだよなぁ。

畑の除雪を始める。

  1. 2013/03/10(日) 04:28:37|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
3月8日(金)。
Kさんちのぶどう棚除雪バイトは昨日で終了。
今日から自分の仕事を進めることにする。

横手の畑は道路っぱたにあるのだが、
この大雪で道が狭くなり、軽自動車がやっとすれ違えるくらい。
車を置くスペースがないとにっちもさっちもいかないので
まずは手始めに駐車場作りからスタート。

今日は強力な助っ人を呼んできた。
嫁さんの義父さんとパワフル除雪機。パワフル助っ人登場!

うちにも除雪機はあるのだが、なにしろ馬力が違う。
あっという間にゆとりの駐車スペースが完成。駐車場できました!

200mほど離れた所に置いていた車を持ってきて入れてみた。
これで物を運ぶにしろ作業をするにしろ、ずっとラクになる!バッチリっす。

助っ人が帰った後、樹の堀り出し作業。
りんご、コハゼ、ブラックベリー、キウィ、ポポー。
これで全て完了。
パレットで冬囲いをしたのは被害はなかったが、
ブラックベリーの番線は1本切れてたし、
りんごにいたっては枝折れ多数。
特に畑の下側に植えたのがひどい。

畑の上側に植えた方はわりと軽微な感じ。りんご、掘りました。

上も下も同じタイミングで雪掘りしてきたし、
積雪量も変わらない。
なのにナゼ?

違うと言えば、下は矮性の樹に接ぎ木したってこと。
それによって出る枝の柔軟性が違ってくる?

確かに上の樹は、雪の重みで枝が下に引っ張られてても
折れてないのがほとんどだったのに、
下に植えた樹では枝がことごとく折れたり主幹から裂けてた。

調べておきます!

畑の雪掘りをする。

  1. 2013/03/06(水) 05:46:01|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
3月3日(日)。
今日は楽しいひな祭り。

のんびり白酒でも飲んでたいところだが、
今日はやりたいことがいろいろあってパタパタと忙しい。

朝は早めに起きて朝食を準備、
朝食をすませて息子をスポ少へ送る。
その足のまま横手の畑へ。

この間、小屋の雪下ろしをした時に
畑に充分すぎるほど雪が積もっていることを確認。
ま、当たり前だが。

このままではかなりヤバイので樹を雪から掘り出すことに。

昨日は雪はさほど降らなかったがものすごい風だった。
今朝もそのなごりがあって空は鈍い灰色。荒れ模様の空。

畑の一面の雪の中にポツンと支柱が立っている。埋まってます。
なんだか線香が立ってるみたいでやたらサミシイ。
でも、この下には大事なイチジクの樹があるのだ。

大胆かつ慎重に(枝を折ったら元も子もない)スコップで掘っていく。
じきに秋に囲ったパレットが出てきた。パレット囲い登場。
しっかり囲ったおかげで枝折れもなく無事でホッとする。

パレット内にできた空間に雪を入れて、
他も次々と掘り出していく。

イチジク4本を掘り出し、
秋にしまい損ねたアルミ三脚も掘り出し、
(壊れてなかった!超ラッキー
最後にぶどうの鉢植えを掘る。

こちらは前回掘った時に枝が1本折れているのを確認済み。
また折れてたらどうしよう?とコワゴワ掘っていったが、
なんとか無事でほっとした。ぶどう救出!

ここまでで時間切れ。
残りのりんごやベリー類は次回にして
その時は炭撒きもすることにしよう!

ぶどう棚雪下ろしのバイトに行く。

  1. 2013/03/02(土) 15:34:39|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
3月1日(金)。
早いもんで、もう3月。

昨日から大沢のKさんの所にバイトに行っている。
仕事内容はぶどう棚の除雪だ。
横手は3年連続の大雪で果樹農家からは悲鳴が上がっている。

それでも昨日はさんさんと日が射し、春の訪れを満喫。
今日は夕方から雨が降り出すとの予報。

このまま春っぽくなるかと思いきや
明日からは強い冬型の気圧配置となり、吹雪らしい。
また雪かぁ。

さて、そのぶどう棚。
雪がない季節、ぶどうの枝が乗っかっているぶどう棚は
身長170僂了笋ビールケースにのって手が届く高さにある。

それが今はこんな感じ。雪に埋まったぶどう棚。

積雪は完全に棚を超えて畑全体を埋め尽くしてしまった。
このままにしておくと棚の番線も伸びたり切れたりするし、
支えている支柱も雪の重みに引っ張られて壊され
ぶどうの枝や樹にも大きな被害が出てしまう。

そこで人手でスコップを使い、この積もった雪を除け
埋もれた棚を掘り返すのだ。

ひざまで埋もれる雪の中での除雪なので
体力が必要なのはもちろんだが、
棚にはぶどうの枝が縦横に張り巡らされているので
大事な枝を傷つけないよう
慎重かつ丁寧な仕事が求められる作業でもあるのだ。

4人でこの畑に取りかかり、やっと棚と枝が出せました!出てきました!
この後ここに融雪効果のある粉炭を撒き、この日の作業は終了!

張り巡らせた番線があり、
足を高く上げてよけながら歩かなければならないので
かなりヘトヘトになりました・・・

DTIブログって?