容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

ハロウィンかぼちゃを切ってみる。

  1. 2012/10/27(土) 08:29:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
10月25日(木)。
天気予報では晴れ間がでるはずだったが、朝から小雨模様。

山内・ヨネクラの畑へ。
今日は来年植栽を予定している場所の確認をする。いちおう、計画書。

今年は8列植えたが、来年は苗も少ないので
半分の4列を追加予定。

メジャーを使って計測し、
切ってきたヨシに赤シールを付けた目印を立てていく。来年にわくわく。

頭の中と紙の上で考えたことを
実際に現場で確認していくと、
リアルにイメージがつかめてくる。

「あー、ここだと午後から日照がすくないなぁ」
といった細かい所も分かり、修正を加えていく。

測量を終え、先日草刈りをした奥の方へ。
刈った草をフォークを使ってひとまとめにしていく。

作業のジャマをするのがこれ。クズの蔓。
クズの蔓だ。

根っこは本葛粉の材料にもなるクズだが、
地表を這い、とても丈夫なこの蔓はとても手ごわい。
ハサミで所々切りながら、一本ずつどけていく。

と、土の表面を這う黒い生き物が。サンショウウオ登場。

最初はイモリと思ったが、
体の表面がツルッとしてるし、顔の表情もなんとなく違う。
手に取ってお腹を見ると赤くなく、アケビのような色合い。

後で調べてみるとサンショウウオなことが分かった。

やっぱここは、自然が豊かな土地だなぁ。

1時間ほどで草どけ終了。来年がたのしみ。

ここには来年、試験的にルバーブを植える予定。

まずはカヤの根っこを掘り上げ、
たい肥を入れてから耕起。
できれば今年中にそこまで持っていきたい。

自宅に戻り、昼食。
雨が降ったり止んだりの中での作業だったので
アツアツの煮込みうどんが体にしみる。

一休みしてから横手駅前のYYぷらざへ。

先日、市児童センターの先生からハロウィン用のかぼちゃを頼まれ、
野菜ソムリエ仲間の美郷町・Mさんから分けていただいた。

それはすでに届けてあったのだが、
「かぼちゃのカットを手伝ってもらえませんか?」とのこと。

私も初めてなので、ネットで切り方や道具を調べて準備をし、
センターの職員さんに手伝ってもらいながらやってみる。カッティング中。

まずは顔の表情を決めて下絵をマジックで書き、
慎重にナイフを入れていく。

ハロウィンかぼちゃ(品種はアトランティックジャイアント?)は
意外なほど皮が薄くてやわらかく、
さくさく刃が通っていく。

ただ、大きく刃をいれると亀裂が入るので
表面に軽く切れ目を入れてから彫刻刀などを使うのがいいみたい。

また歯の細かいノコギリが有効なことも判明。
糸ノコの歯だけを使うといいかもしれない。

最後はスプーンを使って中身をかき出す。
ハロウィンかぼちゃの果肉は
そうめんかぼちゃのような繊維状でした。

ためしに食べてみましたが、かぼちゃの味とはちょっと違う。
やはりそうめんかぼちゃに近い味かも。

みんなでワイワイやりながら2時間ほどで完成。

完成品は10月いっぱい横手市児童センターに展示中。

見に来てね!!

雨中に畑仕事をする。

  1. 2012/10/25(木) 19:33:25|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
10月23日(火)、
朝から雨が強くなったり弱くなったり。

山内・ヨネクラの畑へ向かう。
こちらもまるまる1週間ぶり。

お隣の畑では食用菊が花盛り。秋田のエディブルフラワー。

ウチの畑では特に大きく変わった所はないが、
だいぶ葉の色は秋っぽくなってきた。

これはクランベリー。クランベリー

鮮やかな緑だった葉もすっかり鈍色に。

冷たい秋雨を避けるようにカマキリが。雨宿り中。

季節が冬へと向かうにつれて
風景全体の色がだんだん抜けてきて
なんだかさみしい感じになってきた。

11時前、遅めの休憩。
車に戻り、すっかり濡れた雨具を脱いで魔法瓶のお茶を飲む。
雨の休憩の作法です。
カッパズボンは長クツにクルクルッと巻くようにぬぎます。
こうすると、はく時ラクなんで。

ほぼ1日を雨の中で作業をし、すっかり体は冷え冷え。

でも、だいじょうぶ。
今晩はこれがあるから。ガニガニガニ・・・。

昨日買ってきた川ガニ。

まずは絶品のカニみそを
味噌・みりんと合わせミソ焼きに。ガニミソバンザイ!!

カニミソを取った身はすり鉢で砕いて出汁を取り、
これまた絶品の味噌汁に。アツアツをいただきます!

これさえあれば
どんな寒い夜もほっかほか。

忙中閑アリ、を過ごす。

  1. 2012/10/25(木) 06:25:12|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
10月22日(月)。
6時過ぎ目が覚める。
一晩、ぜんぜん目が覚めなかった。

昨晩は布団に入ったと同時にスイッチが切れた。
さすがに夜鍋続きとイベントはきつかったらしい。

とりあえず起きて、コーヒーを淹れて飲んで
昨日の片付けと朝食準備。
子どもたちは土曜日の学習発表会の代休。
がんばって起こす必要もないので放置。

ジャムを出しに道の駅十文字へ。
朝からいい天気で車を運転していても気持がいい。

帰りに通りかかった沼に今年初の白鳥が来ていた。冬の使者が来た。
冬も間近感がグッと高まる。

そのまま横手の畑に行く。

先週は畑のほうがナオザリ気味だったので、注意して見て回る。
ブルーベリーが紅葉真っ盛りだ。真紅に燃える。

本当に驚くほど鮮やかなな紅色。
もっと樹が大きくなったら紅葉祭りでもやるか。

でも、全ての樹が紅く色づいているわけでもない。こちらはまだ真緑。

観察すると品種間での差があるように見える。
早生種は早く色づき、晩生種はまだ葉が緑色の傾向か。
そこら辺、枝物について書かれた教科書を調べてみよう。

だいぶ葉色が落ちてきたパッションフルーツ。
実が付かないように管理してきたのだが見落としが。実がついちゃいました。

しょうがないのでこのまま付けておくことに。
そろそろこれらも切り詰め&冬越し準備しなくちゃ。

不思議なのがフィサリス。
実が着いても青いままで、なかなか熟していかない。青いままです。
これはいわゆる、温度&日照不足か。
秋になるとトマトも熟せず青いまま残ってしまうように。
フィサリスはトマトより遅くまで熟すのが進むと聞いてたのだが?

いまだに花が咲き続けてるのもナゾだ。花は可愛いんですが・・・。

畑の隅っこに植えっぱなしの茶の樹、花も終わりに近い。
よっぽどうまいのか、スズメバチがせっせと蜜を集めてる。ちょっと、コワイ。

10時には作業を終えて帰宅。
せっかくのお天気だし、
子どもたちもいるので昼食は外で食べることに。

平沢海岸に行きました。海風もおだやかです。

おにぎりと、持っていったコンロで作った味噌汁。
途中で買った川ガニ(モクズガニ)入り。ガニ汁!

ウマかったぁ!!

仙台にジャムを売りに行く。(後編)

  1. 2012/10/23(火) 08:22:04|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
結局当日ギリギリまで準備をし、就寝。
4時に起きて再度準備の仕上げ&確認をし、
荷物を車に積み込んで6時集合の場所へ向かう。

朝の6時はまだ暗いが、
市の担当者の方がもう車のライトを点けて待っていてくれた。

担当のSさんには往復の運転もしてもらう。
ホントに申し訳ない!

車に荷物を積み込み、出発。
車内はいっしょに積んである大量のりんごのいい匂い。
収穫したばかりの新鮮なりんごの香りだ。
きっと仙台のお客様にも喜んでもらえるだろう。

行く道々はSさんと横手市の産物の話、
子育ての話(同じ小3の娘がいる)、
食べ物、旅、酒の話と話題は尽きない。

話しているうちに生まれが同年なことも分かりビックリ。

高速も順調に流れ、9時前には無事到着。
少しして到着した前日隊と合流し、準備にとりかかる。お店を作りこんでいきます。

準備が整い、午前10時に開店!開店です!

りんご5種(千秋・やたか、シナノスイート、トキ、ゆめあかり)、
山内いものこ、長ネギ、新米、シイタケなどがずらりと並ぶ。
新鮮さはモチロン折り紙つきだ。

ジャムはこんな感じ。コンフィ5種。

上段左3列が、ぶどうのキャンベル×レッドナイアガラ+マルメロ、
同じく上段右3列のグリーンなのはどがらんぽ(イタドリ)×ルバーブ、
下段左3列の黄色いのが黄金桃×パッションフルーツ、
下段真ん中2列は山内いものこ×ココナッツ、
下段右2列の赤いのはいちごの「すずあかね」×ラズベリー。

並べたそばに素材それぞれの生産風景も掲示してみた。
もちろん全品試食あり!

日曜日ということもあり出足はゆっくりめだが、
お昼前に差しかかり次第にお客様も増えてきた。横手市の幟はためかせ。

ひさびさの接客業に戸惑いつつ、試食販売を続ける。
たくさんのお客様から貴重な声を聴けたが、
それにも増してよかったのが、当日同行した皆さんからの声。

味や色合い、パッケージへの感想や
「これはアイスクリームに合うんじゃない?」とか
「温かい紅茶に入れて飲むと香りがいいのでは?」など
作った本人が思いつかないアイデアをたくさん出してもらった。

催事は午後3時に終了。

短い時間とはいえ、けっこうな疲労感。
でも、たくさんのインスピレーションを得ることができた。

次回11月の催事にも参加を予定してるので、
ぜひ今度は今日の経験を盛り込んで来たいと思います!

仙台にジャムを売りに行く。(前編)

  1. 2012/10/22(月) 20:25:44|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
10月21日(日)。
朝4時にムリヤリ起きる。

今日は仙台市泉にある
「フードマーケットフジサキ」さんで開催される
「横手市 秋のうまいもの祭り」に参加するのだ。

今回、若手農家のTさん、Hさんに声をかけていただき、
そこでジャムを販売することになったのだ。

今年の春から道の駅十文字さんで
ジャムを販売し始めたが、
お客さんの生の声・感想というものは
聞くことがなかなか難しくもある。

今回会場となるお店のお客さんは
生活にも余裕があり、
食へのこだわりをもった方が多そう。
ぜひともそういう方からの意見も聞いてみたく、
参加をお願いした。

さて参加は決めたものの、
どんなジャムを、どんな風に見せて
味わってもらって買っていただこうかを悩んだ。

旬のブドウやりんごのジャムは持っていきたいし、
サプライズ品もこの機会に試してみたい。
また、ある程度「これは!」という自信作も味わってほしい。

いろいろ悩んだ末に
,い舛粥屬垢困△ね」×ラズベリー、
△匹らんぽ(イタドリ)×ルバーブ、
ぶどう2品種キャンベル×レッドナイアガラ+マルメロ
げ金桃×パッションフルーツ、
セ各發い發里魁潺灰灰淵奪弔鮑遒辰道っていくことに決定。

ただし、ここからが大変。
賞味期限との兼ね合いもあるので
できれば当日ギリギリにジャムを作りたい。

でも日中は畑仕事や用事もある。
貴重なお天気の昼間は
畑で色づいてきたカキの葉摘みなども進めた。葉摘みをしてスッキリした柿。

で、ジャムの方は結局夜なべ(まさに夜鍋だ)
&早朝にやることになり、寝不足の一週間に。
ぶどうの種取りは一個ずつ・・・。

出発前日は小学校の学習発表会。

日中はそちらを優先し、
仙台行きの準備の仕上げは0時過ぎまで続いた。

DTIブログって?

次のページ