容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

ブドウ狩りを楽しませてもらう。

  1. 2012/09/29(土) 06:06:09|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
9月15日(土)。
先週から秋の農業ヘルパー仕事が入ったり、
野菜ソムリエの講演があったりしたので
まとまった時間、畑に行けなくなっていた。

なのでしばらく目をかけずにいたのが
意外と成長しててびっくりしたりする。

今朝はフィサリスの誘引をする。フィサリスの畝。
上小阿仁の見学で覚えた四本仕立てが目標。

自家採種をポットで育てた苗を定植したのが8月5日。
いくらなんでも遅くて無理だべぇ?と思ってたら、
あれよあれよと言う間に育ち、花が付いた。フィサリスの花。

もう秋彼岸になるというのに
今だに暑い日が続いてるのはウンザリだが、
フィサリスにとってはいい方に転んだようだ。

また、春にもらってきて使ってみた
炭化汚泥肥料のリン酸が効いてるのかも。
実も着実に着いていってる。フィサリスの実。

30本以上は植えてるので
このままうまく台風など強風の被害さえ防げれば
意外と収量が望めるかもしれない。

悩んでるのはコレ。マハツブ
春に東成瀬村の斉藤さんからもらってきたマハツブ(イガホオズキ)。

実がたくさん着いたのはいいが、枯れてきた。
枯れるのもいいが、実の食べ時はいつなのか?

ちなみにマハツブという方言、岩手でもそう呼ぶらしい。
その「マハ」が何を示すのか疑問で、
思い出すたびに調べていたのだが、
マハは「麻葉」かもしれないという所にたどり着いた。

言われてみればイガホオズキの葉の形体と
麻、特に洋麻とは似ている。

そこんとこ、詳しい方がいたらご一報ください!

畑仕事を終え、汗を流して着替えてから家族で出かける。
夏休みに娘が研究したのが市の発表会で展示されてるのだ。

会場は子どもたちの熱気でムッとしてた。

娘の研究は「みぢかな草花の研究」。
銀賞をいただきました。銀賞おめでとう!

デジカメの使い方や定期的な観察の仕方、
記録の仕方などは最初にアドバイスしたが
後は娘ががんばった。

最後の仕上げは2日の突貫工事で私もツラかったが、
出来上がった時の満足感が堪らず、毎年楽しみでもある。

子どもの研究なんだけど、
私の研究でもあるかも(笑)

一通り研究や工作を見終わり、Iさんの家に向かう。

Iさんは米農家であり、すばらしい長ネギ農家でもある。
そしてブドウも作っていて、
畑を見に来ませんかと声をかけてもらったのだ。

久々にお会いしたIさんとの挨拶もそこそこに
さっそくブドウ畑を見せてもらう。

今はレッドナイヤガラとキャンベルが収穫期。キャンベル

今後は大粒種の高級品種、ピオーネなどが収穫期を迎える。ピオーネ

今年は高温に加え、雨が全く降らず、
果樹にも被害が広がっているが、
Iさんの所は比較的大丈夫だったそう。

その理由がこれ。豊富な湧水が。

平鹿町浅舞は湧水が豊富なことで知られるが、
Iさんの地域もその恩恵を受けている。
地下水位が高めなので水切れを起こすことがなかったらしい。
同様の話はここからちょっと離れた地域の農家さんからも聞いた。

地下水位が高くて困ることもあるのだが、
そこはいいこともあれば、
あまり良くないこともあるわけで
そこをどう活かしていくかが農家の農家たるトコでもある。

このきれいな湧水で育ったブドウたち。

どんな組み合わせでジャムにすれば、
その最高の味わいを引き出せるのかを
深夜に「あーでもないこーでもない」する日が続きそうです。

ひさびさに野菜ソムリエをする。

  1. 2012/09/23(日) 20:13:20|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
9月12日(水)。
今日は忙しい。
午前中はPTAの予定が2つ、昼からは講演。

まともに昼飯が食えるか分からないので、
朝食はガッツリ摂っておきたい。

で、作った味噌汁がこれ。枝豆の味噌汁!
枝豆の味噌汁。

え〜?と思うかもしれないが、
これは山形県鶴岡の郷土料理。

鶴岡は言わずと知れた「だだちゃまめ」の産地。
本当はだだちゃまめで作るのが本当だが、
今日はいただいた「湯上り娘」という品種で。

枝豆はよく洗い、水から煮る。
さやが茶色になるまでじっくり煮るのがコツ。
好みで鰹節や煮干しの出汁、昆布出汁を加える。

この味噌汁、なぜかカニの出汁に似た味がする。
さやごと口に入れて中の実を食べ、
さやをチューチュー吸ってると、ますますカニっぽくなる。

8時前に小学校へ行き、絵本の読み聞かせ。
今日は荒井良二さんの「まっくろけ」を読んだ。

引き続きPTA関係の打ち合わせ。
11時位で自宅に戻り、着替えをして湯沢市へ。

この日は湯沢雄勝の養護の先生方を対象に
ひさびさに野菜ソムリエのお仕事。
野菜の事、食育の事、クイズや食べ比べを交えて90分。ナス漬食べ比べ。

私の話が先生方にどれだけ参考になったかは疑問。
でもすごく真剣に聞いてもらい、
こちらが前向きな気持ちをいただいてきた感じ。

講演を終え、まっすぐ横手の畑へ。
作業着に着替え、灌水作業。

糊のきいたシャツにスラックスより、
オレはやっぱりこっちの方がいいなぁ。

今日も真夏日だったが、夕方になると涼しい風が吹く。
やっぱり秋はちゃんときているようで。
田んぼもだいぶ黄色に色づいてきた。秋の黄昏。

夕焼けの中、家路を急ぎ夕飯の準備。
今日は鰹のタタキだ!ファイヤー!!

しっかりと焼き目を漬け、
まだ生温かいところにポン酢をかけ回す。
そしてミョウガ、青シソ、ショウガ、
カイワレ、ニンニクスライスなどの薬味をドサッ!と乗せる。

暑い1日でくたびれた体も
香味野菜のパンチとタレがしみ込んだ鰹のうまさにシャキッとする。

あとは、冷た〜いビールで。

さらに点滴灌水をする。

  1. 2012/09/19(水) 23:20:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
9月11日(火)。
連日の猛暑だが、もうなんだか慣れてきた。

人間は暑ければ水シャワーを浴びるなり
クーラーの効いた部屋でまったりするなりできるが、
地面に根を下ろす植物にはそれもできない。

この夏の暑さは確実にウチの畑の樹にも影響を及ぼしている。

今日は山内・ヨネクラの畑に来ているが、
同じようにシュートが伸びている樹でも
「夏バテ」をおこしている樹がある。まいってます。

伸びた枝の先端部分がクタッとしおれている。

でも、全部が全部そういうわけではなくて、
ちゃんとした樹もあるのだ。シャン!としてます。

どの樹も水を欲しがってるのは間違いないので、まずは灌水。
水やりをするとしおれてた樹もすぐにシャン!となった。
その後、全ての樹に点滴灌水をすることに。

人間だって夏バテするんだから、
ここらで一つ、ドリンク剤をやるようなつもり。

ただし、以前に点滴灌水を行った樹にはやらない。
重ねて肥料を与えると障害や徒長の恐れがあるので。スペシャルドリンク注入中。

全部の樹への灌水と点滴灌水を終えたあたりで
俄かに雲が多くなってきた。雨よ降れ!!

少しでもいいから、雨がほしいところ。

果樹試験場を参観する。

  1. 2012/09/19(水) 06:33:33|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
9月8日(土)、
今日は横手市醍醐にある県の果樹試験場参観デーだ。

場内で栽培されている様々な果樹を見ることができるのはもちろん、
いろいろなイベントも開催されて盛り沢山の一日だ。

10時半くらいに試験場に着いたが、
入り口付近で車が渋滞しているほどの盛況ぶり。

普段は静かな試験場も今日は食事やゲーム、
野菜果物直売の屋台が並びとても賑やかだ。

私たち親子は11時からの「親子スイーツ教室」に参加。
私がここの臨時職員として勤めていた時、
研修生としていっしょに圃場作業や研究をやった菊地さんが
今日はシェフとしてスイーツ作りを指導してくれる。

菊地さんは料理人として働いた後、
果樹就農を目指して研修生となった将来有望な若者だ。
研修生時代は明るく穏やかな性格がみんなに愛されていた。

今日のメニューはフルーツいっぱいのトライフル。
トライフルとは英語で「ありあわせ」といった意味なんだとか。
要は今ある材料で美味しく作るのがトライフル。
菊地さんが作り方を説明しながら実際の作業を見せてくれる。

その手際のすばらしいこと。

カスタードクリームを作る泡だて器の使い方。
果物を切る包丁さばきの冴え。

オミソレしました。

その菊地シェフの作品がこれ。カラフルトライフル
もう、売り物だぁ。

さっそく私たちも調理開始。
型を使って黄金桃をかわいく抜いていく。ヌキヌキ。

菊地シェフのご指導もあって無事完成!完成!(^.^)

カンタンなわりにはなかなかいい出来栄え。

これって、直売所で売れるんじゃない?
な〜んて考えてしまう私でした。(^_^;)

ヒエぬきをする。

  1. 2012/09/08(土) 09:32:38|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
9月3日(月)。
今日は久しぶりに農業ヘルパーのお仕事。
ヒエぬき作業だ。

ヒエ(稗)は稲作農家にとっては困った雑草だが、
かつては雑穀としてイネの育ちづらい冷水地や
寒冷地では大事な作物だったとのこと。

最近ではアレルギーを持つ方や
豊富な栄養面で注目されているらしい。

で、そのヒエ。
こんなふうに生えてる。りっぱなヒエ。

正面にあるのはまだ青いイネの穂だが、
青空をバックに一段高く育っているのがヒエ。

じゃあ、これをどうやって取るかというと、
一本ずつ取っていくのだ。

田んぼに入り、イネとイネの株間をよ〜く見ると
「ワタシ、ヒエじゃないんですけど。」
という顔をしてヒエが生えている。オマエはヒエだ!

画像でいうと、右の株はイネで、左がヒエだ。

ヒエとイネの区別は茎の色や立ち方、根の張り方で判断する。
最初はよくわからず、
見落としがけっこう多かったが、
目が慣れてくると、
かなり遠くにあるヒエにも気づくようになった。

イネの間に隠れている(別に隠れてはいないのだが)ヒエを
くまなく探して田んぼを這いずり回っているのも、意外と楽しい。

この感覚、何かに似てる。

山菜採り、そうだ、ワラビ採りだ。

夕方にはヒエの束が畔に並んだ。ヒエが並びました。

こんだけヒエの束があると、
「これって何かに使えねべが?」と思ってしまう。


どんだけケチなんだ。(^_^;)

DTIブログって?

次のページ