容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

畑⇒甘酒⇒白銀の世界を渡り歩く

  1. 2012/03/20(火) 13:58:29|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
食のアカデミーから急いで帰ってきた後、
スーパーで夕飯の買い物と昼食を済まし、
車から畑道具を下して、
今度は山道具を積み込んで東成瀬へ!

約束の1時ちょっと過ぎ杉山家に到着。
横手では雲間から薄日がさす天気だったのが、
こちらに来たらちょっとした吹雪。

いったん杉山さんちに上がり込んで、
ホントに行くか意思確認。
せっかくだから、まぁ行ってみようということになった。

大柳沼への道の入り口にある養魚場に車を置き歩き始める。
雪は意外と締まっていてとても歩きやすい。林道を行く。

あまりに歩きやすいので
雪の上を歩いているという実感がないが、
実際の積雪はこれくらい。カーブミラー・・・。
さすがは秋田の中でも指折りの豪雪地帯。

林道からショートカットして最短距離を歩いたせいか、
思っていたより早く大柳沼に到着。一面真っ白の沼。

一面真っ白なので、どこまで岸で
どこから沼なのかさっぱり分からない。
ヘタに近寄ると沼に落ちそうなので
あまり近寄らないことにする。

沼を見下ろす丘の上には噂の立派なロッジが。雪の中のロッジ。
風が吹き抜ける場所にあるせいか、
思ったほど雪には埋もれていない。

ロッジの横はちょっとした山面になっていて
木がまばらなため、とても見通しがよい。

ここなら双眼鏡片手に雪面を歩くカモシカやツキノワグマ、
狩りをするワシタカ類を見れそう。
しかもロッジのガラス越しでも充分見れそうなので
ぜひ一度中に入って確かめてみたいなぁ。

しばし休憩の後、もう一つの沼の方へ。
地元では「上の沼」と呼ばれているそうだ。

相変わらず道は歩きやすいのだが、
雪が多いらしいのも相変わらず。埋まった鳥居。
とてもこの足元に
2m以上もの雪が積もってるとは思えないのだが。

間もなく上の沼到着。
こちらも一面真っ白。
吹きすさぶ冷たい風の中、
しんと静まり返った沼は荘厳な雰囲気だ。真っ白な上の沼。

こちらの沼には何カ所か沢が流れ込んでいるとのこと。
水の色も下の沼がちょっと黒っぽいのに対し、
上の沼はとてもきれいに澄み切っているらしい。

沼のほとりにポッカリ穴が開いていた。
湧水の水温が高いのか、ここだけ雪が融けている。湧水ポッカリ。
冬でもこれだけ水が湧き出しているのだから、
確かに上の沼は湧水が豊富できれいな水なんだろう。

こりゃあ、春にまた来るのが楽しみだなぁ。

帰り道はずっと下りなので超楽チン。
スキーで来た斉藤さんはずーっと先行して行った。帰り道、スキーは速い。

久々の雪山、堪能させていただきました。

今度は春、山菜の季節に家族で来ます!

畑⇒甘酒⇒白銀の世界を渡り歩く

  1. 2012/03/20(火) 08:32:26|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
3月15日(木)、
今日は朝からあわただしい。

昨日、杉山さん・斉藤さんとのミーティングのため東成瀬に行ってきた。
内容は「今年は農業と加工でどうやって儲けるか?」だったはずだが、
話しはアッチへ行ったり、コッチへ行ったりで収拾がつかない。

その時の話で、「大柳沼に立派なコテージがあるがあまり使われていない」
という話しが出た。
東成瀬村の大柳沼
には村で整備したキャンプ場もあったはず。
そういえば雪の季節、大柳沼には行ったことがないので、
ぜひ行ってみたいなぁ、ということになり、
明日午後から行ってみよう!ということになった。

こういう、行き当たりばったり的行動、私は大好き。

朝食を早々に済ませ、畑へ。
ここ数日支柱作りに取りかかっている。

この春にブルーベリーその他を植えるのだが、
ここ横手は積雪が多いので
雪に負けないためにもしっかりとした支柱が必要。

その支柱にする木はこの間もらってきた訳だが、
じゃまな枝やコブが残っているので、
それらをナタやノコギリを使って整えていく。支柱に整える。

本数をこなしていくので、結構な量の木屑が出る。
積んでいてもしょうがないので、
雪に埋まっていたドラム缶を掘り出し、
久々に火を入れる。久々にドラム缶登場。

秋以来の木の燃える匂いが心地いい。

黙々と作業を続けていると携帯電話に着信。
食のアカデミー」の方からで、
「甘酒3種の食べ比べやってるんだけど来ない?」というお誘い。

午後から東成瀬なので一瞬迷ったが、「忙中閑アリ」、
作業を止めて大雄へ向かう。

食のアカデミーの調理室では菅先生と大友さんに加え、
いつも何かとお世話になっているSさん、Tさんが来ていた。

早速甘酒3種類を味見させていただく。
甘酒は「普通のもの」、「精白した酒米をつかったもの」、
「もち米を使わず麹だけのもの」の3種。甘酒3種

最近の甘酒は砂糖を加えたものが多く、
後味がべったりとした感じのものが多々あるが、
この「普通のもの」は昔ながらの製法で
麹ともち米で作られた自然な甘さのもの。
思わず「なつかし〜い!」と言ってしまう味。

さて、「精白した酒米をつかったもの」は
言ってみれば吟醸酒などに使われる米を使った甘酒。
こんな贅沢な甘酒、もちろん初体験の味だ。

その味はとてもとても上品で、クセがない。
ただし温めて飲むと風味が一変してしまったので、
冷やし甘酒として生姜のしぼり汁少々と共に
夏に飲んだらどんなに爽やかだろう。

「もち米を使わず麹だけのもの」、
材料的には最近話題の「塩麹」の
塩を入れずに作ったものなんだろうが、
私的には物足りないというか、甘酒っぽさがないというか。

でも県外出身の方は麹臭さがなくて飲みやすいとのこと。
やはり嗜好は地域差が出るものだ。

私も塩麹は作って使っているが、
甘みというか旨みというか一味足りない感がある。
そこへ行くと「寒麹」は材料にもち米を使っているので
甘み+旨みがしっかりしている。

秋田県南人にとっては高評価の寒麹も
関東の人にとっては「甘くどい味」となるかもしれない。

横手の優れた発酵食品は数々あるが、
これを県外に広めるに当たってはそこら辺がキモになるかも。

甘くどいついでにこんなのはいかが(笑)かざり太巻き

菅先生が作ってくれた太巻き。
こっちでは「すまま(酢飯)」とも言います。
一般的な太巻きと決定的に違うのは酢飯の味。
かなり甘く、酢も効いています。

久々に懐かしい「すまま」の味を堪能しました!

DTIブログって?