容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

マルチ材を見に行く。

  1. 2012/03/16(金) 05:43:16|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
3月12日(月)。
雨が降ったり、晴れたり、また小雪の忙しい天気。

この春には本格的に果樹の植栽をスタートするが、
その中心となるのがブルーベリー。
そのブルーベリーを植えるに当たって
必要不可欠なのが「マルチ」だ。

農業の世界でマルチとは、
作物の根の周辺を資材で覆う手法のことで、
地温の保持(上がりすぎ下がりすぎを防ぐ)や、
雑草を抑えたり、土中水分のを保持を目的とするもの。

「ブルーベリーでガッツリ儲かります!」と宣伝して
いろんな人からお金をかき集めてやろうって話ではない。

で、そのマルチだが、使う資材はいろいろあって
よく売ってるポリエチレンの黒いシートや
タキロン素材の白いシート(防護服にも使われている素材)、
また刈った草を畝に乗せていくのも立派なマルチ材だ。

ブルーベリー栽培ではよく針葉樹のバークが使われる。
バークとは樹皮のことで
これを使う事で水分の保持と土壌の酸性安定化が図れるのだ。

そこで地元の製材屋さんであり、
バークも取り扱っている「三又建設」さんに
実際どうやってバークが作られているかを見に行ってみることに。

出かける前に夕飯の段どり。
金浦で揚がったカレイを卸し、
塩水に30分ほど漬けてから(しょっつるが隠し味)干しておく。カレイ、もうウマそう。。。
帰ってくれば、ウマい「おひさま干し」が食えるってわけ。

三又建設さんの製材工場は山内・三又地区にある。
横手市内からは車で30分ほど。
市内ではチラチラ程度だった雪が
道を進むにつれて視界が白くなっていき、
三又の工場は完全な雪、真っ白になっていた。

電話で連絡していたので早速バークを見せていただく。
まずは「バーカー」。
バカにしてるんではない。
皮むき機=バーカーなんである。バーカー(皮むき機)
ちょっとおバカなネーミングではあるが。

機械にガッコン、と入った原木は次にはクルクル回転し、
巨大なヤットコみたいなのに挟まれ、皮をむかれていく。
仕組み的には鉛筆削り器の巨大版といったところ。

こーいうの、私は大好き。
機械が無心に?作業を進めていく。
だまって見てるといつまでも見ていたくなる。

むかれた皮は自動的に細断され、積まれていく。バークの山。

担当の方から原木の種類や在所、外材が無いこと、
またバークの受け渡し方法などをお聞きした。
杉の香りがとても心地いい、
安心できるバークでした。杉皮バークってこんなの。

バーク見学を終え、さてどうしようかと。
せっかくここまで来たので「三又温泉」に入っていくことに。三又温泉入り口。

予想外の大雪と工場見学で冷え切った体に
温泉のお湯はたまりませんでした。

湯上りはノンアルコールビールを一杯。
そして昼食は親子丼。小鉢のタケノコがまたウマい!
これで500円は超オトク!
おススメです。

DTIブログって?