容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

雪は飽和状態だ。

  1. 2012/02/04(土) 20:13:26|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2月3日(金)。
朝、人生初の体験をした。

温度を感じる夢を初めてみたのだ。

その夢の内容は、
(以下、夢の世界です)

午後5時に美容院を予約し、
行ってみたら、店はクローズ状態で明かりが消えている。
あれ?っと思いつつ店内に入ると、
「ヒヤッ」とした冷たい空気に包まれた。

だが、となりの部屋からは明かりがもれ射し、
暖かい空気が流れてきている。

すると店員らしき男性が現れ、
私の予約は4時だったことを告げる。

どうも私が1時間まちがえたらしい。

で、ここで目が覚め、夢は終了。

すぐに今のは夢だったと理解できたが、
ヒヤッとした空気や、
隣の部屋から流れてくる暖かい空気感は
おそろしくリアルに残っていた。

味やにおいの夢はたまに見る私だが、
温度を肌で感じたのは初めて。

午後から横手の畑へ。

昨日、小屋の屋根から下した雪は
もう屋根の高さに達している。

で、とりあえず小屋周りの雪を雪あげ。
どかして周りに積む。

これで次回に雪を下ろせる場所が確保できた。

その後は木の雪下ろし&雪踏み。
苗木周りの雪を踏みしめていく。

前は4時を過ぎると薄暗くなったが、
2月に入り、だいぶ日も長くなった。夕暮れの雪景。

今後の除雪場の確保のために
水路の雪をどけていたら、
久々の土と緑が。おひさ〜!

思わず手をのばし、
指に付いた土の香りを嗅いでいました(笑)

雪国に住んでいると
数ヵ月間、土や草の香りからは隔絶されます。

だからこそ、
春の雪解けどきの香りは
なんとも言えず嬉しいんですよね!



いぶりんピックに参加する。

  1. 2012/02/04(土) 06:33:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
2月2日(木)、
横手市が開催する「第6回いぶりんピック」に参加。

この大会では
燻した大根を漬けこんだ
「いぶりがっこ」の出来を競うクラシカル部門と、
燻製食品や燻製品を使った加工品を競う
フリースタイル部門の2つがある。

私はフリースタイル部門にエントリー。

審査会場外には「金樽」が並んでいた。いぶりがっこ「金樽」

金樽は人工着色料や添加物を使わずに作った
横手市お墨付きいぶりがっこの商品名。

そのレシピは第1回いぶりんピックの優勝品をもとにし、
金樽生産者はその製造方法を共有しているそうだ。

こんな表示を発見。放射性物質情報

審査員の審査が終了後、
参加者全員で大試食会がスタート。ずらり、フリー作品。

フリースタイル部門には
魚や卵、大根以外の野菜を燻したものから、
いぶりがっこを使った調理品まで41品が並んだ。

いぶりがっこを使ったまんじゅうや
シフォンケーキまである。

クラシカル部門には30品がエントリー。
こちらもずらりとがっこが並ぶ。ずらり、いぶりがっこ。

いやぁ、これ全部を審査した
(要は全部食べた)
審査員のみなさんは、ホント大変だぁ。

え、私は何を出品したかって?

スモーク・アップルジャムです。

結果は残念ながら入賞できませんでしたが、
参加された方からたくさんのご意見をいただけました!

これこそ、私が求めていたもの。
次回作に活かして「アイム カムバック!」っす


いぶりんピック終了後、
午後は講演会などがあったのだが、
私は早退けして畑へ。

昨日の雪が気になって気になって。

もう、積雪は小屋の屋根とほぼ同じ高さに。積雪はこれくらい。

インフルエンザで学年閉鎖になり、
エネルギーがたまりまくった息子を連れてきた。屋根の雪を落とす。
ホントは外出しちゃ、ダメなんですけど。

屋根の雪はそんなに多くないが、妙に重い。
時間もあまりないので、
息子が手伝ってくれて、正直助かった。屋根に立つ!

今日はここまで。

次は木の雪やらなきゃ!

DTIブログって?