容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

農を変えたい!に参加する。

  1. 2012/02/03(金) 19:05:35|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
1月29日(日)早朝。
雪の中、大潟村へと向かう。

昨日今日と大潟村のサンルーラル大潟を会場に開催されている
農を変えたい!東北集会inあきた」に参加している。

この集会では有機農業等の栽培技術や
消費者との交流、
環境・新エネルギー、原発と農業など
幅ひろいテーマを参加者同士で語り合われている。

2006年から始まったこの集会、
農家自体が主催する集会として今回が第7回目だそうだ。

昨日は今話題のTPP問題や
大震災・原発事故からの
東北農業の復興を考える講演が行われた。すごい演題!

そして夕方からは情報交換会として、
盛大な交流会が行われた。

私も参加し、熱意あふれる若手農家のみなさんと出会い、
大いに発奮して横手に帰ってきた。

で、2日目の今朝は9時から分科会が行われるので、
こうして大潟村へ向かっているのだ。

高速を下り、八郎潟残存湖に架かる橋を渡る。
一面氷が張って、真っ白!八郎潟は凍ってた。

大潟村に入ると道はず〜っとまっすぐ。
まるで北海道のような景色。
ただ、地吹雪で運転がコワい。地吹雪運転中。

9時ギリギリ前に会場着。
そのまま分科会にすべり込む。

私が選んだのは原発と農業。

福島で積極的な活動を行っている
NPO法人福島県有機農業ネットワーク
さんからの報告を聞く。

この場で、震災と原発事故から
ずーっと思っていた何個かの疑問が
解消することができた!

3.11から、もうすぐ1年。
新聞やテレビでは震災や原発事故に関する内容が
日に日に少なくなっているのは間違いない。

でも、被災地では毎日がいまだに戦いなのだ。

福島では新聞の紙面から
震災、復興、原発の文字が途絶えたことはない。福島民報の紙面。

「常に被災地や福島と関わりを持ち続けることが
 当事者意識を持ち、自分の住んでいる地で
 自分がなにをすべきかを考える元になっています。」

そう発言した、
北海道からの参加者男性の言葉が強く、
強く心に残りました。

DTIブログって?