容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

三ツ森山登山(後編)

  1. 2012/01/26(木) 06:21:11|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
1月19日(木)、
三ツ森山登山のつづきです。

登山道を横切る林道を超えて
新たな登りに入る。

雪山登山の醍醐味は、
自分の登りたい所を登れるってこと。

普段は下草やヤブに覆われている所も
冬になれば雪が積もり、
カンジキをはいて歩くことができるようになる。

イメージ的には
ヤブの上の空中を歩いている感じ。

周囲の木立がとぎれ、
南を望む方向に見慣れた山容が。鳥海山

鳥海山だ。

由利本荘市内からみる鳥海山は
グッとそり返って猛々しいが、
横手方面から見る鳥海山は
均整のとれた、容姿端麗な姿。

雪に覆われた今は、
真っ白なロングドレスを着た
細身の女性のような感じ。

上へ上へと登っていくと、
下では締まっていた雪が
だんだんサラサラになって、
足が沈むようになってきた。

くたびれてきた足を
だましだまし登っていくと、
開けたピークに出た。分岐点。

立派な松が生えた雰囲気から
「ここが頂上?」と思ったが、
足元の雪に埋まった道標を掘り出すと分岐の道標。
ここは金峰神社と
頂上へ向かう道の分岐点だと分かる。

その横には小さな石の祠(ほこら)が。
石の祠
石に刻まれた記録を読むと、
かなり前に麓の住民の方が安置したらしい。

多くの山の頂上にはこういった祠や
石碑が置かれている事が多いが、
こんな重い石を担ぎ上げて
山の神に祈る、昔の人の敬虔さには
毎度ながら感心してしまう。

この分岐から頂上までは700mと書かれていたが、
これがなかなかキツくて長かった。

15時20分、三ツ森山頂上着。
ここには珍しい「天測点」がある。天測点

天測点は全国に48か所しかないとか。
私も初めて見たが、
とても立派なコンクリートの台。

リッパだけど、ただのコンクリートの台なのだ。

天測点の前の木にこんなタグを発見。頂上のタグ。

きっとこの人、
全国の一等三角点を回ってるんだろうな。

まったく人気のない山を登ってきて
最後に人臭いものを見たら、
なんだか妙にホッとして。

そそくさと遅い昼食を食べて
「家に帰ったら何食べよう?」
なんて思いながら下山しました。

DTIブログって?