容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

ブルーベリーの現地研修へ。

  1. 2011/07/20(水) 09:09:47|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
7月15日(金)、
今朝は増田町へと向かう。

地元の農家Oさんの所で
ブルーベリーの研修をするのだ。

ブルーベリーは言わずと知れた人気の果物。
最近の健康志向もあって
スーパー等でもパック詰めされた生果をよく見るようになった。

秋田県では由利本荘市や仙北市、県北地域などで
栽培が拡大しているが、
横手市でも栽培に取り組む方が増えてきている。

私もぜひ栽培品目にブルーベリーを加えたいのだが、
本や資料、ネットで調べてみると
栽培上、一番大変なのはどうも収穫らしい。

そこで実際に収穫と選果、パック詰めを体験してみたいと思い、
県の就農担当の方に相談したところ、
増田町のOさんを紹介していただいたのだ。

Oさんのところではリンゴやさくらんぼ、モモなどに加え、
30aほどの広さでブルーベリーを栽培しているそうだ。

朝8時過ぎOさん宅着、さっそく畑に向かう。
ちょうど田んぼ一枚位の広さ一面に
胸位の樹高のブルーベーリーが植わっている。

Oさんから収穫のレクチャーを受ける。
実の生り具合。
画像を見ての通り、生っている実には濃い紫のものから
赤っぽいもの、白いものまである。

ここがクセモノなのだ。

ブルーベリーは同じ枝に熟度の様々な実が混在してつく。
この中から熟したものだけを選別して、
一個一個、指で摘み取っていかなければならない。

他の果物に比べて実が小さいだけに、
とにかく根気と、ていねいさが必要な作業だ。

 「どれが熟しているかは目で観察して覚えるしかない。
   摘んだのをちょこちょこ食べてみて、確認しながらやってみて。
    まずはじっくりブルーベリーと語り合ってみてください。」

Oさんの言葉はまさに的確。
目と指、体で覚えるしかない。

パッと見た目はよく熟しているように見えても、おもて側
枝側はまだ赤かったりする。うら側

画像で上にある赤紫の実はまだ早い。
食べてみると明らかに赤い方は酸っぱく、香りも少ない。

実は今まで、生のブルーベリーを買ってきて食べて
おいしいと思ったことは一度もなかった。
なんだか妙に酸っぱかったり、香りもないと思っていたのだ。

その「おいしくない」と思っていた味が、
まさに、この赤っぽい実の味なことに気づいた。
ちゃんと熟した実を食べていなかったのだ。

そういう意味では、ブルーベリーの栽培においては、
しっかり熟した実をていねいに収穫し、
新鮮なうちに提供するということは、一番大事なことかもしれないなぁ。

もう一つ、ブルーベリーの栽培で問題となるのが鳥の被害。鳥害
スズメやムクドリ、カラスなどがやってきて荒らすのだが、
どういう訳か、1回突っついた被害が多い。

食うなら食うで、一粒持っていけばいいのに、
ツン!とやって残していくので、これを外さなければならない。

この実をそのまま着けておくと、
カビやショウジョウバエの発生を招き
畑全体に被害をもたらすので、
収穫しながらこれらキズモノを外していくのも大切な作業。

10時の休憩まで黙々と収穫した結果はコレくらい。
1時間半の収穫!
これで約1.5キロくらい。
ここから選果して、赤い実やキズモノ、粒の小さい物を取り除く。
すると7〜8割くらいに減る。

この選果作業も、もちろん手作業で一粒一粒確認していく。
かなり果てしない作業。

 「ずーっとやってると目がチカチカしてくるから、
   ブルーベリーでも食べて目の疲れとらねば、やってらんないよ」

Oさんが笑いながらそう言うが、本当に根気のいる作業だ。

この日は収穫を3時間半、
選果・パック詰めを1時間半やらせていただいた。

やはり、実際に体験してみて初めて分かった事、
気づいたことが様々あった。

それに加えて、長年農家として経験してきたOさんの話には
学ぶべきこと、納得がいくことが沢山あった。

現地研修、大切です!

パッションフルーツ開花。

  1. 2011/07/19(火) 11:40:56|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
7月13日(水)。
昨日、パッションフルーツの棚を見て回ったら、
つぼみ
つぼみがついていた。

葉っぱと同じ色合いで、気づかなかったらしい。

そこで今日は畑に着くとすぐに、
パッションフルーツの棚を見に行った。

開花していた!!開花!

写真では何度も見たことがあるし、
ホームセンターでも実物は見ていた。

でも、実際に自分の畑で
パッションフルーツの花が咲いたのを見ると、
なんだが、妙に感動してしまった

顔を近づけて、花の匂いをかいでみる。

かすかに、スパイシーな香りがある。
今まで花ではかいだことのない香りだ。

パッションフルーツのジャムを作る時、
このスパイシーな香りをほのかにつけてみたいなぁ。

貴重な花なので、さっそく受粉作業をする。受粉作業。

本来はミツバチなど虫が受粉を担ってくれるのだが、
パッションフルーツは日中の暑い盛りに開花する。

この時間帯は訪花昆虫も少ないので、
人間が筆で受粉をした方が確実だ。

車のバックミラーのような形をしたのがおしべ。
ここから花粉をいただき、
手前の時計の針のようなめしべにこすりつける。

うまく受粉がいき、立派な実がつきますように!!

ジャムを煮る日々。

  1. 2011/07/19(火) 10:43:32|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
7月11日(月)。
先日、さくらんぼ・佐藤錦が届いた。まずは水洗い。

佐藤錦とはいっても加工用の品で、ベラボウに安い。
それで5キロ買った。

赤く色づいたものは、そのまま食べても結構うまい。
だが、黄色いのはやはり酸味が強い。

佐藤錦はおいしいさくらんぼだが、
ジャムの素材としては酸味や風味が不足していて、
残念ながらそのままではイマイチ。

そこで今回はブルーベリーと合わせてジャムにしてみる。
いわゆる「マリアージュ(結婚)」で新しい味を狙ってみる。

水洗いして、傷んでいるものを取りのぞいた後、
ザルにのせ、風通しのいい場所で乾かす。

乾いたら軸と種を取り除いていく。
軸は引っぱればいいだけだが、種が大変
ぺティナイフを使って一粒一粒取り除いていくしかない。種取り完了。
これで1,3キロ、約1時間かかった。

これにブルーベリーとグラニュー糖、レモン汁を加え、
寝かせました。
しばらく寝かせる。

1時間ほど放置しておいたものを
鍋で煮込んでいくが、
私はもっぱら土鍋を使用。

沸騰してくるとどんどんアクが出てくるので、
ボウルに水を張ったものを準備し、
杓子でこまめに取り除いていく。

もちろん焦げやすいので、
絶えずヘラで鍋底から混ぜ続けいくのも大事!

ジャムとはいっても私の場合はあまり煮込まず、
果物の形、食感が残る程度におさめておく。
煮汁をヘラから垂らしたとき、とろみが出るくらい。

そこまでいったら煮沸消毒しておいたビンへ詰める
ビンはホームセンターで専用の物が70円位で売っているが、
食べ切ったジャムのビンを洗って使ってももちろんOK!

ガラスビンのフタにはツイスト式とネジ式があり、
ジャムにはツイストキャップがオススメ。

ツイスト式は一般的なジャムのビン、
ネジ式はビン詰めなどに使われている。

ネジ式のフタを使うと、食べる時になって、
「フタが開かない〜!」とビンをたたいたり、
お湯で温めたりと大騒ぎになる

ジャムはビンにたっぷり入れる。
フタをした時にちょっとこぼれる位がいい。
そうした方がビンの中に空気が入らず保存性も上がる。

その際にはロウト的なものがあった方が便利。ビンへ詰めます。
調理道具屋さんで専用の物も売ってますが、
画像にあるのは、ペットボトルを切って私が作ったもの。

ジャムをビンに詰めたら、直ちにフタをして逆さまにする。逆さまにしておく。

この時、空気の入った量が多かったら、
フタを開けて再度ジャムを追加し、空気量を減らす。

これで冷めたら完成。

深い紫色の中にさくらんぼが浮かんだ、
おもしろいジャムができました。

もうしばらく、いろんなジャムに挑戦する日が続きそうです。






青空デザイン教室へ。

  1. 2011/07/19(火) 10:01:54|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
7月10日(日)。
今日もいい天気
そして、朝から暑い!

朝のうちに畑は一回りしておき、
今日は子どもとお出かけ。
よこてイースト
で行なわれる「青空デザイン教室」へ。

10時に行くと、人はまだ、まばら。会場は青空の下で。

広場ではさまざまなデザイン教室が開校している。

まずは、「Tシャツを考えよう」コーナーへ。

好きな色のTシャツを選び、
そこに好みのデザインの枠を置く。手順

枠の中に専用染料を入れる。手順

染料をプラスティックのヘラで均等にのばしていく。手順
(ここの手加減が結構コツがいるらしい)

枠をそっと外すと絵の部分が白く残ってる!手順

ドライヤーで乾燥中。手順

小2の娘も挑戦。妹も挑戦。

で、完成です!
完成です!!
なかなか立派でないすか!?

この後「野菜の売り方」を考えたり、
「カフェのコースター」を考えたり、
「お米」を考えたり、
「自転車」を考えたりしてきました。

お昼近くなってからは陽射しも強く、
「梅雨明け?」感のあるギラギラ日差しに

デザイン教室スタッフの皆様、
暑い中、本当にありがとうございました!


さて、この日の晩メシは夏カレー!夏カレー!

煮込んだ手羽先をほぐして入れた、さらっとしたカレーには
玉ねぎ・ニンニク・ニラのみじん切りをたっぷり投入。

オリーブオイルでカレー風味に炒めた夏野菜を好みでのせて。
つけ合わせはキュウリの自家製ピクルス。

はっきり言って、「ウマイです」

三脚、来る。

  1. 2011/07/14(木) 21:01:18|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
7月6日(水)。
朝から畑で作業をしていると、携帯が鳴った。

電話はこの間三脚を頼んだホームセンターからで、
品物が入荷したので届けていいですか?ということだった。

今回頼んだ三脚は12段。べらぼうに長い。
とても私の車(軽)には、つきっこない。

そこで、いったん私の自宅に配達してもらい、
そこから私と一緒に畑まで行ってもらえない?と頼んでみた。

OKだそうだ!
ものは頼んでみるもんだ。

間もなく出発するとのことだったので、
自宅に戻って待っていた。
しばらくすると、おしりから三脚がはみ出た軽トラがやってくるのが見えた。

この車がその配達の人だったので、
さっそく私が車で先導し、畑へと向かった。
忙しい中、めんどうかけてゴメンナサイ!

こうして12段三脚は無事、畑に到着。

ほら、長いでしょ〜!
車と並べてみました。

さっそく袋から出して立ててみる。
立ててみました。

高い。

高いなぁ。

今まで手が届かなかったカキの枝までラクラク。
でも上の段まで上ると、高さと、
バランスのキープの関係で、かなりコワイ。

ふと、足元を見るとこんな表示が。ここに登っちゃダメなの?
「これより上には乗らないでください!」
って・・・。

これが10・11・12段についている。
乗るなって言われても、そこが必要で買ったんですけど・・・。

乗ってはいけない12段のおかげで、
手が届かずに残していたカキの摘果や整枝、捻枝ができた。
ついでにプルーンも見直し、さらにスッキリ。

ちなみにこの12段三脚、
お値段は18800円+運送料420円ナリ。
安くはないけど、いいお買い物で満足。

食用ホオズキの苗
ポットに植え替えたフィサリス(食用ホオズキ)、
だいぶ育ってきました。
そろそろ地植えかな?

作業を終えてもう一度畑を見回ると、
セミの抜け殻を発見。セミの抜け殻第一号。

そういえば今日、今年初のアブラゼミの鳴き声を
三脚の上で聞いていました。

DTIブログって?

次のページ