容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

ソルガムの種を蒔く。

  1. 2011/06/30(木) 04:54:52|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
6月20日(月)、
今日はソルガムの種を蒔く。
ソルガム(ソルゴーとも)はトウモロコシの仲間のイネ科の植物で1kg袋入り。
一般的には牛の餌用として栽培される牧草だ。

そのソルガムの種をなんで蒔くの?ということだが、
ソルガムは土壌改良剤でもあるのだ。

使い方は大きく分けて2種類。
一つは大きく育てて(1m以上になる)、
穂を結ぶ前に刈り取り、ある程度刻んで土にすき込む。
これは肥料(緑肥)としての使い方。

もう一つは大きく育てて、刈り取るまでは同じ。
この刈り取ったものを全部畑外へ持ち出す。
ソルガムは肥料分を吸い上げる力が強いので、
その特性を利用し、畑の肥料分を抜くことができるのだ。

なんかエラそうに書いてきたが、
これらは相談した果樹試験場の方のウケウリ

私が植えようとしてるブルーベリーは
肥料分が多いと却って成長がわるくなったり、
時には枯れてしまうことさえあるのだ。

ただでさえ養分充分な土だったのに
さらに堆肥を投入したので
将来生理障害が出るのでは?と心配していたのだ。

そこでその対策としてソルガム登場となったわけ。ソルガムの種。

種を袋からバケツにあけて、畑に蒔いていく。
かなり、適当(笑)

種屋さんは
「ただ、蒔けばいいですよ〜」って言ってたけど、
こんなんで、ちゃんと発芽するんかいな?

ソルガムを蒔いた後は、
先日、知人のYさんからいただいた
食用ホオズキ
食用ホオズキ(フィサリス、チェリートマトとも)の苗をプランターに移植した。

これは果樹、果物ではないけれど、
「果物的野菜」、ではある。

けっこう、たのしみ

再び、耕起。

  1. 2011/06/30(木) 04:37:53|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
6月18日(土)。
キウイの花は満開状態。雄花ですね・・・

今日は一昨日運んでもらった堆肥を畑全体にまき、
再び耕起してすき込む作業をする。
そのため、また義父母に耕運機を頼んでいるのだが、
二人が来る前に堆肥をある程度運んでおくことにした。

堆肥をスコップで一輪車(なぜかここいらでは「ネコ」と呼ぶ)に積み、
畑に間隔をあけて置いていく。

堆肥がまだ多少発酵しているのと熱がこもっていたためか、
スコップを入れると結構熱い。
大量の湯気が上がって、まるで蒸し風呂
すぐに全身からは滝のような汗が

いっしょに来ていた子どもたちも
運ぶのを手伝ってくれていたが、
ふと気づくと娘がいない。

おや?と思って辺りを見回すと
何のお店?
桜の木の下に開店していた(笑)

間もなく義父母登場。
最初堆肥を運ぶのを手伝ってもらい、
その後で耕運機投入。再耕起。

作業はお昼前に無事終了!

地上に現れたタコ。
ちなみに、先日抜根した栗の木、
深い穴の中に鎮座していて、
どうやって持ち上げようか?考えてましたが、
無事掘り出すことに成功!!

一昨日堆肥が来た後、Mさんが手伝いに来てくれて、
根っこを穴の中で少しずつ移動させながら
そこに掘った土を戻すという作業を根気よく続けた結果、
うまく出すことに成功しました。

「こんなデカくて重いの、ユンボなくちゃ無理だよな?」
と思い込んでいたのですが、
アイデアと実行、そして根気があれば
それなりに、なんとかなるんだなぁ〜と
ちょっと感動してしまいました

暑い中、この大変な作業を手伝ってくれたMさん、ありがとう

DTIブログって?