容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

畑を耕起する。

  1. 2011/06/25(土) 22:17:21|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
6月13日(月)。
今日もまたまたいい天気
三日前まだ青かったイチゴも
すっかり食べ頃に。いちごが熟した。

午前中は耕起をする。
耕起(こうき)、その名の通り畑を耕して、起こすこと。
今日は嫁さんの父さん母さんに、耕運機をお願いしている。

耕起する前には石灰をまく。
日本の土壌は酸性に偏っている場合が多いのだが、
石灰をまく事により、中和してPHを中性近くにすることができる。

また、今日の耕起の後に、
堆肥を投入する予定なのだが、
石灰を施しておいた方が効果があるのだ。

石灰をちょうど畑に半分まいた頃、義父母登場。
お義母さんには石灰まきを手伝ってもらい、
お義父さんには、さっそく機械を入れてもらう。耕起中。

石灰まきは終わったので、
耕起はお義父さんにまかせて
私とお義母さんは、最後の難関、
残った栗の抜根に取りかかる。切株タコ。

この日も、とにかく暑かった・・・
汗はダラダラ、頭はクラクラ。
水を飲み飲み作業を続ける。

そうこうするうち、耕起は11時過ぎに終了。
耕起後。
義父母は帰っていった。

そこで、早めに昼飯をつかう。
頭の上ではカキの花が咲いている。カキの花。

弁当を食べ終わって畑を見回ると、
蕾だったキウィの花が咲いていた。キウィの雄花。

これ、雄花だよなぁ。

キウィは雄木と雌木があって、
もちろん雄雌両方がなければ実はならないが、
実がつくのは雌の木。

雄木は新たに今年植えたので、
この木は切ることになるなぁ

休憩後、抜根再開。
見逃していた根っこを一本ずつ探し当て、
掘り出し、先端で切り落としていく地道な作業。

格闘2時間。

あれだけ強固でビクともしなかった根株が
グラグラ揺れだした。

最後の根っこを切り落とし、キック一発!!
ついに、栗の木の根っこを制覇!
抜根、終了!



DTIブログって?