容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

「山手」のりんご畑へ

  1. 2009/11/16(月) 04:45:20|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
今回「りんご山」を案内して下さった平良木亨さん。
亨さんはりんご農家の三代目です。

この木は亨さんのおじいさんの代からのもの
亨さんのお父さんが子どもの時、
もうこの木があったそうですから、
50年以上この山で風雪に耐え、毎年りんごを実らせてきました。
親子三代の木

木の根元はしっとりとした苔と丈の短い草におおわれ、
軽く土を掘りかえすと、山の腐葉土のような
いい香り
がしました。
根元はしっとり苔に覆われ・・・

日もすっかり傾き、冷気が山を覆いはじめました。
そろそろお暇をと車に向かう時、
「ちょっと放任園、見てみますか?」と亨さん。

放任園(ほうにんえん)?初めて耳にする言葉。
先を進む亨さんの前に、
驚くほどびっしりとりんごが実った木が見えてきました。
「たわわに」実る、りんご。


園の持ち主の方が事情で山に来れなくなり、
放棄されてしまったりんごたちでした。
摘花、摘果などの作業を経なかったため、
限界以上に実ったりんごの重みで
幹から折れて
しまっています。
重さに耐え切れず・・・


最近、放任園は増え続け、
放任園は病害虫やネズミ発生の原因ともなっており、
深刻な問題
となっているそうです。

「この木は、この実が最後のりんごでしょう。
来年は枯れるでしょうね。」
亨さんの言葉が重く心に残りました。

秀麗・鳥海山が見つめている。


鳥海山は、黙って私たちを見つめています。






DTIブログって?