容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

点滴かん水をする。

  1. 2012/08/13(月) 20:21:16|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
8月12日(日)。
お盆が近づき、何かと忙しい。

朝食後、職場に向かう嫁さんを見送った後、
墓掃除に買い物、掃除、片付けなど。

朝からムシムシし、
大汗をかいては水シャワーを浴びて気分をリセット。

だいたいメドがついた夕方、空を見上げる。
今日は朝から雲が多かったが、雨は降ってこない。
空は雲がますます厚くなり、今にも降ってきそう。
でも待っててもしょうがないので、山内の水やりへ向かう。

今日はもう一つやっておきたい事が。
点滴かん水だ。

山内の畑では新しい葉っぱやシュートが出ない
元気がない樹があることは前にも書いた。

それらの樹をどうしたらいいのか?を
いろいろと調べたり、果樹試験場の研究員の方に聞いたりした。

そして結論として、
ごく薄い肥料分を溶かした点滴かん水をし、
それでも回復しなかったら秋に掘り上げて鉢上げし、
来春に植え直すことに決めた。

で、その点滴かん水。
お金をかけず、ある物を利用するのが私のスタイル。
こんな感じでやってみることに。ペットボトルで点滴かん水。

ペットボトルに市販の液肥を2ml入れ、水で薄める。
それからボトルの上下に虫ピンで穴を開け、株元に設置。株元にしっかり置きます。

これで1000倍液肥が約2時間かけて供給できる。

まずはこれで様子見。
回復してくれるといいなぁ。

水やりをしながら点滴かん水のボトルを設置し終わってからは、
せっせと草むしりをする。

その草むしり、これがあるとないとでは大違い。草むしりの頼れる相棒!

この草刈り鎌を小さくしたような道具、
私は「根切り」と呼んでるが、
本名をなんと言うのかは知らない。

この道具があるとないとでは、
仕事の効率で10倍は違うのでは。
仕事の仕上がりも含めると、
ほんとにこれがないと話にならない。

今日は草むしりをしながらそんな道具の事を考えていた。

と言うのも、今朝の墓掃除に行った時、
うちの墓の近くの墓を掃除していた若い女性がいたのだが、
私より先に来ていたにもかかわらず、
私が掃除を終えて帰る時、まだ終われないでいた。

道具を持ってきていなかったのだ。

私は草むしり用の根切りに普通の箒と竹箒、
デッキブラシにたわし、大きめのバケツ等を持ってきていた。

一方の若い女性は持ってきていなかったので、
お寺に行って小さな手桶とタワシを借りてきたらしい。
そのため仕事は進まないし、
何度も水汲みにも行かねばならない。

私の前職は住設関係だが、
仕事は段取りと道具の準備が肝心だと叩き込まれたものだ。

農業に係るようになって、その事はますます強く感じる。

仕事ができる・できないは
その仕事を早くきれいに仕上げるための道具を知っていて、
その道具を使いこなせるかどうかの部分が大きいと思う。

やり方や方法、テクニックを知ってるかどうか。
これは農業に関わらず、全ての分野共通の要だろうと思う。

一人で暮れなずむ畑の真ん中で
草と向き合ってると、
だんだんテツガク的になってきます。

コメントの編集

秘密にする

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akitayklabo.dtiblog.com/tb.php/214-9991220d

DTIブログって?